TOP » お知らせ » これからのARを考える。(前編)

2011/12/15 - これからのARを考える。(前編)

これからのARを考える。(前編)

-ゲストトークセッション-

井口尊仁

<頓智ドット株式会社 取締役会長 兼 CMO>

朴正義

<株式会社バスキュール/バスキュール号 代表>

宮崎光弘

<株式会社アクシス 取締役/多摩美術大学情報デザイン学科 教授>

小林亜令

<KDDI株式会社 モバイルARアーキテクト>

「これからのARを考える。」と題されたトークセッションでは、宮崎氏がモデレータとなり、最前線で活躍するクリエイターや日本のARを代表する開発者が登壇。それぞれのARの捉え方や今後の発展についての可能性を議論していただきました。

インタラクティブコンテンツ制作の分野で業界をリードする朴氏は、自身が取り組んできた様々な事例の中から、ARとの接点としてAXEレーザーの事例を紹介。
さらに新しい技術のビジネス化のヒントとして、mixi Xmasを取り上げ、企業の都合ではなく、世の中の理由から発想したビジネス展開の視点を語り、人のエモーションを中心とした企画の重要性を語りました。

続いて、これまでのARをどう捉え、今後のARはどうなっていくのか? といった疑問に答えるために、ARの先駆者として、場所を作ってきた井口氏が、AR業界に大きなインパクトをもたらしたセカイカメラを例に、解決の糸口を語ります。
井口氏は、ユーザーインターフェース技術として開発してきたセカイカメラの経緯について振り返り、クラウドがパワフルになり、SNSでの情報発信やロケーションベースメディアなどが当たり前になった現在において、ARには新たな可能性が広がっていると指摘。
「SATCHの発表は非常にありがたい。現実から何を読み取って、どう伝えるか、拡張するか、ユーザーとの接点の先をパワフルに展開できる」とSATCHによって拡大するAR市場の未来について熱い思いを語っています。

ゲストトークセッション

そして小林は、自身のプレゼンテーションでも説明していた「画像理解」というSATCHの将来について説明しました。
「今日のSATCHは認識です。認識では対象となるオブジェクトが何であるのかを教えなければなりません。しかし今後、ARの主体は対象を理解するということに移っていくと思います。対象を理解することが可能になると、認識の対象を逐一プログラムとして教える必要がなくなり、ARの世界が次のステップに進化すると思っています」と小林は語っています。

ゲストトークセッション

ゲストトークセッション

TOPへ戻る