TOP » お知らせ » AR事例とSATCH SDKの詳細

2011/12/15 - AR事例とSATCH SDKの詳細

AR事例とSATCH SDKの詳細

-AR開発ツールSATCH SDK紹介-

小林亜令

<KDDI株式会社 モバイルARアーキテクト>

AR技術の開発に携わっているKDDI研究所は、SATCH SDKの詳しい内容と活用事例を紹介。
さらに今後の展望として来年春に予定している統一ビューワーなどを発表しました。

SATCH SDKの特長は「高機能なAR体験の提供、短期間で開発できる簡単さ、誰でも無料で利用できる」点にあります。
まず高機能なAR体験においては、任意の二次元平面をマーカー不要で認識できるという優れた認識性能を備えています。それに加えて、3D/2Dの重ね合わせ表示やアニメーション、サウンドや動画の再生にも対応、また位置測位との連動も可能になります。カンファレンスでは、これらの高機能を活用した事例も紹介しています。

小林亜令

また短期間での開発を可能にするために、コンテンツ作成ツールを用意しているだけではなく、マニュアルの日本語化やライブラリ(Android/iOS対応)の用意、au one Marketへの登録、といった環境の整備についても説明し、釧路高専が開発したARによるクーポンサービスの事例を取り上げました。

そして3つ目の特長である「すべて無料」に関しては、satch.jpから開発キットを誰でも無料でダウンロードできること、また、技術情報やフォーラム、などの開発者支援サポートも充実していくことが発表されました。さらにau one Marketに公開したアプリには、アクティブユーザ数を集計するサービスを提供する計画も発表しました。

小林亜令

また、最後に今後の展望として、2012年の春に提供を予定しているARの汎用ビューア「SATCH VIEWER」に関する情報にも触れています。
3種類の表示モードを用意し、画像ベース、位置ベース、HTMLベースで自由にハイパーリンク移動できる仕組みを開発中です。
また、汎用ビューアの普及により、コンテンツ制作者はプログラミング不要でこれまでよりも簡単にARのコンテンツを開発できます。「エンジニアの方々だけではなく、コンテンツクリエイターの皆様にも、ARの可能性を広げる取り組みをKDDIでは推進していきます」と小林は語っています。

TOPへ戻る