TOP » お知らせ » 「SATCH」の基盤『D'Fusion』の優位性

2011/12/15 - 「SATCH」の基盤『D'Fusion』の優位性

「SATCH」の基盤『D'Fusion』の優位性

- Total Immersionプレゼンテーション(後編)-

Pascal Mobuchon

<Total Immersion S.A. VP Engineering>

TI社の技術は、AR市場で最高のマーカーレス・トラッキングをはじめ、1000イメージの高速認識と高い堅牢性やマルチ・トラッキングを実現しています。その技術的なアドバンテージと詳しい情報が、TI社の開発責任者であるパスカル氏から紹介されました。

まずKDDIが「D'Fution」を選択した理由について、パスカル氏は「マルチ・プラットフォーム、完全なワークフロー、コンピュータビジョン」という3つの競争上の優位性にあると説明。
まず1つ目は「マルチ・プラットフォームにおける優位性」です。AndroidやiOSをはじめとして、FlashやWindowsにMacといった多様なプラットフォームに対応しているため、一度の開発でマルチに展開できるメリットがあります。 2つ目の「完全なワークフローがもたらす優位性」とは、3Dオブジェクトの制作から対象となる携帯端末への実装までをシームレスに実現できる強みです。
そして最後の優位性として、数多くの機能を備えた「高性能のコンピュータビジョン」の提供によるプラットフォームの充実があげられます。

Pascal Mobuchon

さらにパスカル氏は、D'Fusion Studio SuiteによるARの開発環境の概要についても説明し、SATCH SDKが実現している開発環境について紹介しました。
具体的には、D'Fusion Stutio Suiteによる完全なワークフローのAR制作例として、3Dオブジェクトの作成からARプロジェクトの設計、そしてAR体験を展開するまでの流れを解説。たとえば3Dオブジェクトの作成においては、サードパーティ製の代表的なツールが使えることや、変換の容易さなどを説明し、TI社は今後もワークフローのさらなる改善に取り組んでいくと宣言しています。
また実際の開発に役立つ情報として、D'Fusion Mobileプラットフォームの互換性についての解説や、D'Fusion Studio SuiteによるARアプリケーションの制作プロセスとSATCH SDKによる利用例なども説明しています。

Pascal Mobuchon

最後にD'Fusionの多彩なナチュラルインタラクション対応の現状や、トラッキング性能、1~1000イメージの認識に関するリソース消費量、マーカーレス機能の詳しいパラメータなどを他社のサービスと比較し、同社の技術が開発者にもたらすアドバンテージを印象付けました。

比較表

TOPへ戻る