TOP » お知らせ » 映像情報メディア学会 技術振興賞 進歩開発賞を受賞!

2016/06/24 - 映像情報メディア学会 技術振興賞 進歩開発賞を受賞!

KDDI研究所が開発した遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」が、
映像情報メディア学会が主宰する第43回(平成27年度)技術振興賞 進歩開発賞(研究開発部門)
を受賞いたしました。

スマートグラス対応の「VistaFinder Mx」は、独自の拡張現実感(AR)技術により、
遠隔地からの手書き指示を、作業者が装着するスマートグラスに表示し、
作業者視点の作業対象の映像にぴたりと追従して表示させることを実現しています。

直感的な遠隔作業支援を、作業者への負担が小さいハンズフリーで実現し、
より効果的に作業の効率化やミス軽減を支援することができる同システムの先進性、
有効性が高く評価されました。

SATCHのスマートグラス用ARソフト「PITARI」もこの技術を仕様しております!

「PITARI」の詳細はこちら:
http://viewer.satch.jp/business/arpitari.html



参考記事:

KDDI研究所トピックス
http://www.kddilabs.jp/topics/2016/061401.html
TOPへ戻る